Rescale CLI Oneliner

code 情報の取得

アプリケーションリストを得るOneliner

java -jar /usr/local/bin/rescale.jar \
-X https://platform.rescale.jp/ list-info -a -p ${RESCALE_API_TOKEN} \
| jq -c '{code: .code, versionCode: .versions[].versionCode, allowdCoreTypes: .versions[].allowedCoreTypes[]}'

結果例(大部分省略)

{"code":"cd_adapco_star_ccm","versionCode":"12.2.10","allowdCoreTypes":"bronze"}
{"code":"cd_adapco_star_ccm","versionCode":"12.2.10","allowdCoreTypes":"copper"}
{"code":"cd_adapco_star_ccm","versionCode":"12.2.10","allowdCoreTypes":"gpu-kepler"}

ジョブ投入

計算終了後、全ファイルをダウンロード

必要な変数

RESCALE_API_TOKEN='<APIキー>'
RUNSCRIPT='<ランスクリプトファイル名>'

bashジョブ投入

java -jar /usr/local/bin/rescale.jar \
-X https://platform.rescale.jp/ submit \
-p ${RESCALE_API_TOKEN} \
-E -i ${RUNSCRIPT}

計算終了後、ファイル名を指定してダウンロード

必要な変数

RESCALE_API_TOKEN='<APIキー>'
RUNSCRIPT='<ランスクリプトファイル名>'
DOWNLOAD_FILES='<ランスクリプトファイル名> (e.g file1 file2 *.log)'

ジョブ投入

java -jar /usr/local/bin/rescale.jar \
-X https://platform.rescale.jp/ submit \
-p ${RESCALE_API_TOKEN} \
-E -i ${RUNSCRIPT} -f ${DOWNLOAD_FILES}